精力剤とED治療薬はどちらがいいの?

最近セックスの意欲がなくなった、最後までパワーが持たない、そんな悩みを抱えている男性は少なくありません。EDの原因はストレスや加齢など人によって異なりますが、夜の生活に不安を持っている人は実に多いのです。しかしEDはきちんと対策を立てることで改善できる症状です。ED対策に効き目を発揮するのは主に精力剤とED治療薬の2種類。

それぞれにメリットとデメリットがあり、上手に利用すれば以前と同様にセックスを楽しむことも夢ではありませんが、使い方を間違えると効果がないばかりか、健康上深刻な影響が出ることもあります。ここではそれぞれのメリットとデメリットを浮き彫りにして、どちらを選ぶのが良いのか明らかにしていきます。

精力剤のメリットとデメリット

最初は精力剤のメリットとデメリットについて紹介します。精力剤のメリットは健康維持効果が期待できることと持病があっても飲めることです。反対にデメリットは即効性が期待できないことと、確実に万人に効き目を発揮する訳ではないことです。その内容を詳しく見てみましょう。

健康維持効果がある

精力剤はEDへの効果を期待できるのはもちろん、それ以外に健康維持効果もあるのです。EDの原因は体内の血流障害です。多くの精力剤にはEDの根本的な原因を改善する「アルギニン」という血管拡張成分が含まれています。

特に毛細血管が広がることで体の隅々まで血液が行きわたり、細胞が活性化されて新陳代謝も上がります。精力回復だけでなく、冷え性改善や疲労回復、アンチエイジングの効果があるので、年齢を重ねて体力的な自信がない人には特におすすめです。

持病があっても飲める

精力剤のメリットその2は持病があっても飲めることです。通常ED治療薬は持病があると服薬を制限されます。しかし精力剤は医薬部外品のため、特に制限は設けられていません。しかし、カフェインを含んでいるものについては注意が必要です。

精力剤にはカフェインを含んだものが多く、コーヒーやお茶などと一緒に飲むと健康な人でもカフェイン過多になり、興奮、不安、吐き気などの中毒症状を起こす可能性があります。またカフェインを摂りすぎると男性機能に不可欠な亜鉛の吸収率が下がるので、ED改善効果がなくなるという説もあります。

即効性は期待できない

次は精力剤のデメリットです。精力剤は即効性を期待できないというデメリットがあります。精力剤は基本的には体質改善をするためのアイテムなので、継続摂取することで体内の血流改善をしてED改善を目指します。

精力剤は身体への負担も少なく、健康上も良いのでおすすめですが、EDに悩んでいる人が飲んだ当日の晩に即座に元気になることはないようです。精力剤の効き目が発揮されるのは早くて1ヶ月後、徐々に体質改善していきたい人におすすめです。

確実に効果があるとは言えない

精力剤は医薬品ではありません。そのため万人に効果を発揮する類のものではありません。EDの原因は人それぞれで、その対策も基本的に人によって変わります。医薬品であれば広く効果が認められているので効き目もある程度は期待できますが、精力剤にはそこまでの効き目は期待できないのが現実です。

もちろん人によって高い効果を発揮する場合もありますが、あくまでもケースバイケース。確実な効果を期待したい場合はED治療薬の方が確実と言えます。

ED治療薬のメリットとデメリット

次はED治療薬についてです。ED治療薬のメリットは治療効果の高さとクリニック処方の信頼性にあります。一方、デメリットは持病があると服薬できないこと、クリニックに出向く必要があることがあげられます。それぞれの内容を詳しく見ていきます。

治療効果が高い

ED治療薬の最大のメリットは治療効果の高さにあります。特に「バイアグラ」はED治療薬として有名です。ED治療薬における世界シェアは50%を超える勢いで、世界で最も人気のあるED治療薬として各国で使われています。

バイアグラの服薬は性行為の1時間前の空腹時。食前に服薬すると有効成分のシルデナフィルが効率よく血液に吸収され、服薬から40分後には効果が現れ出し1時間後にピークを迎えます。即効性という点では百点満点なので、今晩直ぐに元気になりたいという人におすすめです。

クリニック処方なので信頼できる

ED治療薬は基本的にクリニック処方で手に入れられます。ネット通販でも流通していますが、粗悪品や偽物が含まれることが多いことに加え、人によっては服薬の方法を間違えると重篤な副作用が出ることもあるので、入手経路はクリニックで処方してもらうことをおすすめします。

ED治療薬を処方しているクリニックは日本全国各地にあります。医師の指導の元で確実な処方をしてもらえるのは何よりの安心材料です。

持病があると服薬できない

次はED治療薬のデメリットについてです。ED治療薬は心臓や血管など循環器系の持病があると処方してもらえない可能性が大きいのです。また処方をしてもらうときには持病と飲んでいる薬についての申告が必要です。バイアグラの摂取では過去に死亡例もあるため、処方に関しては医療機関も慎重です。

また健康体であっても充血やめまいといった副作用は出やすくなります。ED治療薬は精力剤に比べ即効性があり、効果も高いですが、それだけ体への負担も大きいのです。

病院に行くのが大変

ED治療薬は基本的に病院処方がおすすめですが、病院に行く手間がかかる点はデメリットです。医療機関なので当然プライバシーは保護されますが、EDをカミングアウトするのが恥ずかしい人にとっては心理的なハードルが高めです。クリニック以外にインターネット通販もありますが、ネットで安易に手に入れると安全性の面で不安は残ります。

このようにED治療薬は入手までのハードルが高いことも知っておく必要があります。以上がED治療薬のメリットとデメリットです。健康面で治療薬を服薬できない人は精力剤一択となります。

ED対策は自分に合った方法を選ぼう

以上が精力剤とED治療薬のメリットとデメリットです。ED対策は自分に合った方法を選択するのが一番です。それぞれのメリットとデメリットを押さえて、自分にとってベストの方法を選びましょう。一般的にはEDの症状が軽いうちは精力剤を使い、効果がなければED治療薬に移行する傾向にあります。

精力剤はドラッグストアやコンビニ、ネット通販でも手軽に入手できます。滋養強壮剤の性格もあるので、栄養ドリンクのように気軽に摂取することができます。継続摂取することで健康推進効果もあるので、男性更年期で体力が衰えている人には特におすすめです。精力剤が効果を発揮するのはおよそ1ヶ月後から。体内の血流を改善しながらED改善を目指します。

ED治療薬のような即効性は期待できませんが、長い目で健康的にEDを改善していきたい人にはピッタリです。飲み始めるタイミングは自覚症状が出たらすぐ飲んでOK。最近ちょっと元気がない、セックスが最後まで持たないと不安になったら飲み時です。もしそれでも効果がなければクリニックを受診しましょう。

EDはそのままにしていると深刻な症状を引き起こし、最悪男性機能が回復しないこともあります。しかし早期に対策をすれば改善することも夢ではありません。まだまだ若さを維持したい、女性を喜ばせたい、そんな思いがあれば早速対策に取り掛かりましょう。

  • 返金保証できるペニス増大サプリ!本当に効く増大サプリだから保証付き
  • 副作用
    早漏の治し方!早漏を改善する方法を紹介
  • 勃起力アップにおすすめサプリ!
  • 中折れの原因と対策がわかる!勃起不全を改善する方法
  • 精力剤とED治療薬はどちらを選ぶ?2つのメリット&デメリット
  • コンビニで売ってる精力剤はどのくらい効果があるのか
おすすめの記事
ペニス増大サプリ
ペニトリンMAX 米国やタイで実績のある精力剤の中で勃起力を劇的に改善すると話題のサプリの1つがペニトリンMAXです。オススメな理由としては...